[販売終了] 第36回「医療法人の持ち分で悩む多くのクリニック経営者たち」

0036

[販売終了] 2018年4月度 vol.36「医療法人の持ち分で悩む多くのクリニック経営者たち」 (0036)

販売価格(税込)
¥10,000
再ダウンロード有効期限無期限
ファイル名201804vol36-info.pdf
公開日
バージョン
制作

医療法人の持ち分で悩む多くのクリニック経営者たち

今回は、『医療法人の持ち分で悩む多くのクリニック経営者たち』をご紹介します。

多くの医療法人の理事長さんが「医療法人の持ち分問題」で困っています。しかし、これらは誰のせいでもありません。経営者のやってきた5つの愚の結果です。5つの愚とは、「役員報酬が少ない」、「借金の繰り上げ返済をする」、「法人加入の保険が少ない」、「医療法人で不動産を所有してしまう」、「医療法人で株式会社でも経営できる事業を行っている」です。これら5つの愚を避ける対策をとれば、過剰な医療法人の持ち分に悩むこともありません。
これらの対策は、持ち分の概念のない「持ち分のない医療法人」でも同様に対策する必要があります。最悪、国に没収される可能性のある「持ち分のない医療法人」こそ対策をとる必要があるのです。
しかし、現実には多くの理事長さんは、せっかくアドバイスをしても行動されません。これは頭の良い方に多い、「真面目だが素直でない」の特徴だと思います。せっかくアドバイスをもらっても、結局先送りをして、何も変えられないのです。その結果が、「医療法人の持ち分問題」とも言えるのです。
是非、今回の番組を理解して、素直に実行してみてください。医療法人の純資産を適正額にすることで、精神的自由・経済的自由を手に入れることができるのです。

推薦書籍のご紹介

今回は、原田マハさんの「本日は、お日柄もよく」をご紹介します。
まるで、私のスピーチコンサルの矢野香さんを題材にしたような小説です。小説自体もとても面白く、WOWOWでドラマ化もされ、DVDも発売されています。その上、本を読んでも、ドラマを観ても、スピーチの知識が深まります。
お薦めの一冊となっています。

資産構築のススメ

ブレイングループ理事長がファイナンシャルプランナーとして資産構築についても情報提供をします。日本の財政が悪化し目前に控えたインフレや円安の時代。その中で資産構築をする際に心がけておかなくてはならないことや、取るべき行動について実際に「基準値」を持ってアドバイスと解説をします。大切なことは、行動することです。資産構築の「基準値」を学んだら、是非行動してみてください。これこそが、大きなメリットになります。
第36回は出張手当、言い換えると日当についてお伝えしています。これは相当にお得な情報ですので、必ず活用されることをお勧めします。

時間:29分11秒

定期購読・バックナンバーの購入には会員登録が必要です。
商品をカートに入れた後、会員登録画面が表示されます。