第24回「なぜ手元にお金が残らない」

  • 0024

「手元にお金を残すこと」を戦略的にしているか

医師・歯科医師の方々とお話をしていると、結構な年収なのに「手元にお金が残らない」と言われる方がたくさんいらっしゃいます。確かに、少しお金を使って、贅沢をしているようにも見えます。しかし、本当にそれだけが理由なのでしょうか?皆さん懸命に仕事をされていますし、少しぐらい、欲しいものにお金を使っても良いではありませんか。もちろん、事業継承のためにも子供の教育資金確保は必須ですが・・

今回の番組では「皆さんの手元にお金が残らない理由」を解き明かします。そして3つの対応策をお伝えしていきます。一つ目は売上を増やすことです。固定費を確保した後の売り上げ増はすべて利益になります。二つ目はキャッシュを確保することです。当座貸越枠を使えば、ぎりぎりまで役員報酬を取ることができます。三つ目は医療法人化をすることです。退職金・老齢年金の確保といった多くのメリットを享受できます。

これらが実行できれば、「手元にお金が残らない」と嘆くこともなくなります。今回の番組で「手元にお金を残す方法」を理解してください。そして実際に取り組んでみてください。その結果として、リスナーの皆さんが精神的自由・経済的自由を手に入れることができるのです。

推薦書籍のご紹介

第24回は、本編と連動した「銀行とお金の話」について小山昇さんの本からご紹介します。経営者たるもの銀行との正しい付き合い方を熟知し、永続的にキャッシュの流れをつくっていかなくてはなりません。今回ご紹介する本はその指針となるような考え方と具体的手法に出会うことができます。ぜひ、楽しみになさっていてください。

資産構築のススメ

ブレイングループ理事長がファイナンシャルプランナーとして資産構築についても情報提供をします。日本の財政が悪化し目前に控えたインフレや円安の時代。その中で資産構築をする際に心がけておかなくてはならないことや、取るべき行動について実際に「基準値」を持ってアドバイスと解説をします。大切なことは、行動することです。資産構築の「基準値」を学んだら、是非行動してみてください。これこそが、大きなメリットになります。第24回は「確定申告時の障害者控除」についてお話をさせていただきます。

時間:47分47秒

定期購読・バックナンバーの購入には会員登録が必要です。
商品をカートに入れた後、会員登録画面が表示されます。
販売価格(税込)
¥10,000
数量